車庫証明よくあるご質問

ご依頼、お問い合わせお待ちしております。

車庫証明代行サービス
トップページはこちら



当事務所のサービスについてのご質問

Q、用意する申請書は、広島県以外の様式で大丈夫でしょうか?
A、全国どちらの様式の申請書で結構でございます。なお、車検証コピー・申請者の印鑑証明書または住民票の写し・車庫証明用の委任状がございましたら、こちらで申請書は無料で作成いたします。
委任状のダウンロードはこちら

Q、車庫証明の申請(提出)、または受領(交付日受取)いずれか片方のみの代行はしていただけますか?
A、通常サービス料金の6割で代行いたします。

Q、登録日が迫っているので、交付日に広島運輸支局まで届けていただけますか?
A、事前にお伝えいただければ、できる限り対応いたします。

Q、保管場所使用承諾書を大屋さん・不動産会社から取り付けしていただけますか?
A、代行いたします、発行手数料の立て替えも可能でございます。

Q、申請者に直接お会いしての登録書類の受け取り、委任状に押印をいただくことの代行もしていただけますか?
A、現地調査による配置図作成と合わせて、代行いたします。

Q、代行サービス料金の割引はありますか?
A、複数台まとめてのご依頼、自動車登録も合わせてご依頼の場合は割引いたします。直接お問い合わせください。

一般的な車庫証明に関するご質問

随時追加更新いたします。
※あくまで広島県での手続きに関してのお答えですので、他の地域とは異なることがございますのでご注意ください。 

Q、車庫証明申請に必要な書類(用紙)はどこで入手できますか?
A、お近くの警察署に行けば無料でいただけます。自動車販売店・行政書士事務所でも入手できますが、用紙代を請求されるかと思います。
用紙はインターネットでダウンロードもできます、以下リンクをプリントアウトしてご利用ください。

「車庫証明申請書」

「保管場所使用承諾書」


「自認書」

「所在図・配置図」

Q、自分で車庫証明書を取得する場合はいくら費用がかかります?
A、申請の際に2,100円と交付の際に550円の合計2,650円がかかります。
Q、車庫証明書の取得にはどのくらい日数かかりますか?
A、広島市および周辺市町村では、基本的に申請した日の3日後に交付されます。ただし土日祝日は日数にカウントしませんので、例えば金曜日に申請した場合は5日後の水曜日の交付となります。
例外として広島市安佐南区の申請は1日多くかかります。

Q、駐車場の持ち主に車庫証明書をもらったのですが、これって?
A、車庫証明書は管轄の警察署で交付されるものです。大家さん・不動産会社・管理会社が発行するものは 「
保管場所使用承諾書」というもので申請の際に警察署に提出するものです、これを「車庫証明の書類」と呼ぶことがありますのでお間違いなく。
Q、申請書の記入の一部を書き間違えたのですが?
A、間違えた箇所を二重線で訂正し、申請人の欄と同じ印鑑を押印します。
間違いに気付かず申請の際に訂正を求められる場合がございますので、印鑑を持参して申請しましょう。

Q、使用承諾書の記載に間違いがあったのですが?
A、使用承諾書の訂正は申請者の訂正印ではできません。
承諾者(大家さん・不動産会社)の訂正印で訂正します。

Q、所在図・配置図とは何を書けばよいのですか?
A、所在図は住所(使用の本拠)と駐車場(保管場所)を記載するもので、両地点の直線距離を記入します。ネットの地図を利用しても結構です。
配置図は保管場所の位置・サイズや導線の道路幅を記入します。

Q、自宅の近くで駐車場を確保できなかったのですが?
A、車庫証明書を取得するためには、使用の本拠(自宅)から保管場所(駐車場)まで直線距離で2km以内で確保できれば申請可能です。
なお2km以内であれば他の市町村でも大丈夫です、その場合に自宅と駐車場の警察署の管轄が異なる場合は、駐車場の管轄の警察署に申請いたします。
昔は500m以内でしたのでずいぶん要件は緩和されております。
こちらで直線距離をご確認することができます。(PCの方のみ)
「地図蔵」

Q、自宅敷地または建物駐車場で申請する場合、使用の権限を疎明する書面は「自認書」・「保管場所使用承諾書」のどちらになりますか?
A、自宅土地・建物の名義が申請者自身の場合は「自認書」で親族・配偶者の場合は 「保管場所使用承諾書」です。
名義が共有の場合、申請者自身を含む共有の場合は「自認書」に共有者全員が連署、申請者自身を含まない共有の場合は「保管場所使用承諾書」に共有者全員が連署します。
なお、申請書と自認書に押印する印鑑は同じものを押印、親族・配偶者などの押印は、姓が申請者を同じでも必ず違う印鑑を押印して下さい。

Q、法人で申請者を本社、使用の本拠の位置を広島営業所として車庫証明の申請するには通常の必要書類のほかに何の書類が必要ですか?
A、29年4月より必要書類が変わりました。
以下、発行後3ヶ月以内のもので
支店登記している場合は法人「履歴事項全部証明書」または以下の書類
支店登記していない場合は、
※公共料金・家賃の領収証(原本またはコピー可)
営業証明書・課税証明・事務所で使用する機器のリース契約書等の当該仕様の本拠で事業の実態を有することを証する書面(原本またはコピー可)
※以下の条件を満たした郵便物
1、2通以上
2、3ヶ月以内の消印があるもの
3、宛先・差出人ともに記載があるもの
4、訂正印等で改変していないこと
5、宛名シール貼り付けは不可
6、宛て人が明確であること、(有限会社・株式会社・合同会社・一般社団法人等)部署名・社員名のみは不可


Q、単身赴任で現在広島に住んでおりますが、住民登録は従前のまま(他県)です。広島で車庫証明はとれますか?
A、住民登録を移せないことについての正当な理由があれば、車庫証明をとることはできます。
短期間に転居を繰り返すため、または近いうちに元の住所に戻るため等の理由では正当な理由とは認められません。

Q、軽自動車を新たに保有した時、軽自動車を保有して転居した時には車庫証明は必要ですか?
A、広島県では広島市・呉市・東広島市・福山市で軽自動車を保有する時には車庫証明ではなく、自動車保管場所届出(車庫届)をすることが必要です。
ただし、
広島市(旧「湯来町」)呉市(旧「音戸町,倉橋町,川尻町,安浦町,下蒲刈町,蒲刈町,豊浜町及び豊町」)東広島市(旧「安芸津町,黒瀬町,福富町,豊栄町及び河内町」)福山市(旧「沼隈町,内海町,神辺町及び新市町」)は届出の必要はございません。
  

Pagetop